top of page
Open Book

ようこそ
飛翔舎へ!

理工数学研究所の出版社

ホーム: ようこそ!

24/2/22

楽天kobo

理工数学シリーズ
「統計力学 基礎編、応用編」「回帰分析」
「量子力学Ⅰ」「線形代数」
また「ナレッジワーカーの知識交換ネットワーク」
の楽天kobo(電子書籍版)での販売はじめました
今まで通り、Amazon Kidle版も好評発売中です
 ↓↓↓
https://www.hishosha.com/%E6%96%B0%E5%88%8A%E6%97%A2%E5%88%8A%E7%B4%B9%E4%BB%8B

23/12/9

年末年始休暇

弊社の年末年始休暇についてご連絡いたします。

2023年12/26(火)~2024年1/7(日)となります。

23/10/29

ウニベルシタス研究所叢書

ウニベルシタス研究所叢書 新刊

「粗にして野だが」 好評発売中
 試し読みはこちらから↓
 https://hanmoto.tameshiyo.me/9784910879086

「教職協働はなぜ必要か」 10/30発売
 試し読みはこちらから↓
 https://hanmoto.tameshiyo.me/9784910879093

新刊案内

知識経済の担い手である

ナレッジワーカー

彼らの知識獲得にパーソナルネットワークはいかに利用されているのか?

高度な専門知識をもつ研究者と医師の知識交換ネットワークに関する日本発の精緻な実証分析を収録

売中

ナレッジワーカ_カバーA5版_+帯_参考20231004.jpg
解析力学_カバーA5版_+帯_20240205_アートボード 1.jpg

新刊案内

第6弾

解析力学
村上雅人/鈴木正人/小林忍

解析力学が、難解でも無用でもなく、人類の所産であることに気づかされる

大学で習う理工系の科目で、 最も難解だと言われる解析力学。

本書では、ラグランジアン L やハミルトニアン H の応用例を示し、解析力学が立脚する変分法をわかりやすく解説。ニュートン力学があるのに、なぜ、解析力学が必要なのか? その答えが分かる。

2024/4/1発

解析力学_カバーA5版_+帯_20240205_アートボード 1.jpg

第4弾

教職協働はなぜ必要か
​​吉川 倫子

教員との協働で大学改革を成し遂げた著者が、教職協働の重要性を説く

教職協働が必要な「わけ」を理論的に解説

教職協働_カバー46版_20230831_アートボード 1.jpg
Books On Shelf

村上ゼミシリーズ
高校の探究学習に適した本

世の中は、答えの出せない問題であふれています。

飛翔舎の村上ゼミシリーズ

「低炭素社会を問う」

「エネルギー問題を斬る」

「SDGsを吟味する」

で取り上げる課題も、単純明快な答えを出すことはできないものばかりです。

ただし、地球の将来を考えれば、人類が真摯に取り組むべき課題です。

このとき、重要なのは、問題の本質を見極めること基礎を理解すること

そして

「他人の意見を鵜呑みにするのではなく自分の頭でよく考えること」です。

いま、高校では探究学習が重要視されています。ぜひ、高校生のみなさんには、

地球課題に目を向け主体的に取り組んで欲しいと思います。

なにか質問があれば、info@hishosha.com に寄せてください

いつでも歓迎します

 

飛翔舎一同

低炭素社会と問う_カバー46版_r3
エネルギー問題を斬る_カバー46版_r1
SDGsを吟味する_カバー46版_のみ
Several Open Books

The sky is the limit
可能性は無限

bottom of page